TUMIの補修方法と費用について

TUMI 持ち手革交換・製作費用

TUMIの持ち手革交換に使用する革は、時間をかけて鞣されたコシのあるタンニン鞣しの革で製作致します。適度にオイルを含んでいますので乾燥し難く、革の厚みはオリジナルより若干厚みを保たせてあり耐久性も向上しております(オリジナルの革質よりいいのではないかと思います)

TUMITUMI

革交換 三角タイプ 9.500円(両手)

鞄の正面を外側に向けて持つので、ほとんどの場合で片側の革部分が痛んでいることが多いです。ときどき左右で持ち替えたり持ち手の重なり方を前後してみると、痛み具合が左右で均一になり寿命を延ばすことができます。
画像は補修後になります。

TUMITUMI

革交換 ラウンド・スクエアタイプ 9.500円(両手)

鞄の正面を外側に向けて持つので、ほとんどの場合で片側の革部分が痛んでいることが多いです。ときどき左右で持ち替えたり持ち手の重なり方を前後してみると、痛み具合が左右で均一になり寿命を延ばすことができます。
画像は補修後になります。

TUMITUMI

持ち手製作 現行モデルの仕様 15.000円(両手)
三角タイプ(ナイロンベルトに革巻き)に仕様変更 12.000円(両手)

このモデルは付根部分からすべて新たに製作する仕様となっております。
最新のモデルを旧モデルの持ち手に仕様変更することも可能です。
旧モデルはナイロンベルトを二つ折りに巻き込んでいるのでがっちりとした
仕上りになります。画像は補修後になります。
詳しくはこちらを

TUMITUMI

革交換 二つ折りタイプ 6.000円(両手)

フチ部分をナイロンに巻き込まないで仕上げることで、フチの擦り切れを
軽減する効果が期待できます。画像は補修後になります。
詳しくはこちらを

肩当て革交換補修

TUMITUMI

肩当て合皮面を革へ交換 6.500円〜

TUMIの肩当ての裏面は、なぜだか合皮が使われていますので、汗や擦れで
劣化し黒い粉がシャツに付いたり、表面がべろべろに剥離してきてしまいます。
交換の際は充分な厚みのある革で交換致します。画像は補修後になります。

角擦り切れ補修

TUMITUMI

角擦れ補修 一箇所 2.500円〜

オールレザーのTUMIの場合は、角の部分が擦り切れてしまうことが
しばしばあります。
縁取りされている革を交換・補修となりますが、一箇所擦れていれば
ほとんどの場合四隅が擦れていることが多いのでご確認されてください。

付根パーツの擦り切れ補修

TUMITUMI

付根パーツ交換 一箇所 2.500円〜

鞄が重いので肩当てやストラップの付根パーツが擦り切れてしまうことが
多いようです。壊れているパーツはだいたいが荷重により伸びきってしまい
裂けてしまっています。交換の際には伸び難いようにナイロンや芯材を
挟み込み製作致します。

リュックのストラップ革カバー製作

TUMITUMI

ストラップの革カバー製作費用 ご相談下さい。

ストラップの裏面が肩当て同様になぜだか合皮が使われています。
ストラップ自体を交換するには、本体との接合部分を分解する必要が
あるのですが、複数のパーツが一緒に縫製されている箇所なので
分解しない方が現実的な補修方法かと思います。
ストラップ自体に革のカバーを通し使用することができます。
詳しくはこちらを

TUMI 関連記事

TUMI修理専門店ではないのだけれど…。 まとめ篇

tumi

このタイプのTUMIも持ち手交換できます。

tumi

TUMIの残念なところ 「合皮、ダメ。ゼッタイ。」

tumi

TUMIの持ち手修理と、痛み軽減についての考察。

tumi

続 • TUMI 祭り 黒い悪魔とリュック篇

tumi

TUIMI 祭り(トゥミフェス) 2018 梅雨明篇

補修詳細につきましては、TUMI 修繕事例をご覧頂ければと思います。
掲載以外のモデルも修理可能ですのでお問い合わせ下さい。

BLOGにて、日々の修繕過程など色々とご紹介しております。