角の擦れ修繕参考事例 随時更新しております。2017.07.10UP

靴のかかとが擦り減るように、鞄の角も擦り減るものです。

鞄の角が擦れて穴が開くんですけど案件(再)

鞄の角が痛む方へ 2016冬

鞄の角が擦れるんですけど案件

J&M Davidson のハラコが…。

自転車の駕篭で鞄が擦れる話。

お勧めはしない修理の修理。 ブリーフケース編

ロンシャン の ル • プリアージュ をお仕事用にしてみる。

角の擦れ補修について

鞄の底の角はどうしても擦れてしまう宿命にあるようです。
縁取り、パイピング、縫い割りなどなど、縫製されている仕様により補修方法は異なります。
また本体が生地の場合は、事前に革のパーツで四隅の角を補強する事も可能です。

なお、角補修の際に追加で取り付けをご依頼されるパーツが底鋲となります。
底鋲を取り付ける事で、底が擦れなくなるのでは?と思われる方多いのですが
(修繕事例の記事をお読み頂ければご参考になるかと思います)
底鋲を取り付けても、角の部分はやはり擦れ易いかと思います。

底鋲は、底面が地面に擦れ難くなるように取り付けるパーツとなり、
また現状の鞄に堅い底板が入っていない場合は、そのまま取り付けても全く効果がありません。

硬質な底板が付いている状態で、底鋲を取り付ける事で
底面が持ち上がり、本体が地面に当たらなくなるのですが、底が柔らかい状態では
底面が撓んでしまい、底鋲以外の部分が沈み込んでしまい効果がありません。
ですので、底鋲取り付けの場合は、底板製作も合わせて必要になります。

BLOGにて、日々の修繕過程など色々とご紹介しております。