ロンシャン・ル プリアージュの補修方法と費用について

補修方法と注意点

ロンシャンのルプリアージュは軽くて折り畳みできるので、使い勝手がいいので
みなさんいくつか買い足されるようですが、ぼろぼろにダメになって買い足すのではなく
すぐ角に穴が開いてしまって買い替える方が多いようです。

ですので当店にご依頼される方の中には、その経験から鞄が新品の状態で
角の補強をご依頼される方も多数いらっしゃいます。
どうせ穴が開くのならば、穴からペンが落ちる前に革で補強してしまおうと。

しかし角を革で補強したからといって擦れなくなる訳ではありませんので
その点はご注意ください。
ただナイロン素材と違って、革の場合はときどきメンテナンスして頂ければ
擦れても現状維持が可能な素材です。簡単なお手入れの仕方については後ほど。

四隅の角に革でカバーを取付けるように補強を行いますが、
個人的にはこのレザーパーツを取付けた仕様のほうが、革とナイロンの見た目の
比率のバランスがいいように思います。

角のパーツは本体の縫い合わさり目に合うように取付けていますので
後付け感は無く、始めから角の革のパーツが付いているように仕上ります。
四隅を縫製するには電動ミシンでタタタタタッ…とは縫製できません。
場所が場所だけに八方ミシンという特殊なミシンで、一目一目車輪を手で回しながら
カタカタカタ…と手回しで縫製してゆきます。

角補修・色の組み合わせ

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANPロンシャン LONGCHANP

ちなみにですが、ロンシャンのプリアージュは折り畳めることになっていますが
あまり折り畳まない方が生地には良いのではないかと思われます。
プリアージュは、ナイロン素材の裏に樹脂のコーティングがされていますが
これが折り畳むことで剥離しやすくなるのではないかと。
折り畳むと生地が鋭角に折れますし、浮き始めている部分にはたわみが生じ
水ぶくれのようにぷくぷくと部分的になってしまうようです。

持ち手とふた付根部分の補強

ロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANP

ロンシャン LONGCHANP

持ち手付根部分は荷物がたくさん入ると、袋部分は下に下がり
持ち手は上に持ち上げられることで付根周辺のナイロン生地には皺が入ります。
その皺が徐々に裏面のコーティングを剥離させ、画像のようにひび割れてきてしまいます。
コーティングが無くなると、薄いナイロン生地のみで縫製が縫い留められていますので
徐々に縫い目がナイロン生地に食い込んで、最終的にはナイロン生地が裂けてきてしまいます。

プリアージュの鞄を持ち歩いている方を見てみますと、レザーのふたが裏面に
ひっくり返った状態で使われている方がたくさんいらっしゃいます。

この状態ですと、ふたの付根部分の縫製が常に引っ張られている状態ですので
やはりその部分が裂けやすくなってしまいます。

持ち手(ふた)付根部分は使い込んでいても痛んでいない方もいらっしゃいます。
現状ですでにひび割れている方やLサイズをお使いの方は、角の補修と一緒に
付根部分も革補強を行われた方が宜しいかと思います。

付根補強の際の縫製部分は、すでに縫製されている縫い目を利用して
縫製していきますので新たに縫い目はできず外観に影響はありません。

簡単お手入れ方法

ロンシャン

ロンシャン

お手入れには皮革用のトリートメントクリームを使用し、定期的に保湿を
行って頂けると、擦れてもナイロン生地と違い現状維持が可能です。
なんだか面倒…と思われそうですがクリームを薄く塗布し、
軽く乾拭きするだけですので1分もあればできてしまいます。

扱い易くお勧めのクリームは、コロンブス社「ブリオクリーム」があります。
無色ですので爪や手も汚れませんし、保湿成分には化粧品にも添加されている、

ホホバオイルが配合されています。配合されている天然ワックス成分のビーズ
ワックスとヒマワリワックスで表面の保護も同時に行えます。

有機溶剤は使われていませんので素肌に付いても安心してお使い頂けると思います。
他にお持ちのお財布や鞄などの革製品にも使えるので、
ひとつは持っていると
宜しいかと思います。お店でも少し在庫しています。

補修費用

ロンシャン

角四隅革補強 7.000円

新品の状態でもすでに穴が開いてしまった状態でも仕上り具合は変わりません。

ロンシャン

持ち手付根補強(ふたの付根も含む) 5.000円

持ち手付根四箇所とふたの付根二箇所の革補強。
ひび割れがある場合は角補強と同時にご依頼頂いた方が宜しいかと思います。
使用する革の色は、表の角部分で使用した革の色と同じになります。
角がブラウン→付根もブラウン
角がブラック→付根もブラック

関連ブログ記事

ロンシャンのプリアージュをカスタムオーダー風にしてみる。


ロンシャンのプリアージュ ご依頼が多いので抜き型つくっちゃいました篇

ロンシャン ル プリアージュの角擦れ補修まとめ

BLOGにて、日々の修繕過程など色々とご紹介しております。