裂け•擦切れ補修参考事例 随時更新しております。2017.08.10UP

横着してると、ALDENが引き裂ける。

切り裂かれたブーツ…。私、失敗しないので、縫合手術篇 

ミネトンカ女子に告ぐ!修理は可能ですが…篇。

靴の小指のところが裂けるのには訳がある。

以下、当てはまる方は…。小指の裂けなど篇

スニーカーの内側はどうして合皮を使うのだろうか…。

犬に喰い千切られ案件 まとめ篇

壊れてしまうところと、壊してしまうところ。

Mな女性たち… koosの場合。

飛び出すサンダル。もっと編み込み希望篇

絶対にしゃがんではいけない靴。 厚底篇

なぜそこは合皮なの? ドクターマーチン篇

靴は踵で履くもの…。カカト擦れ補修篇

見栄えと耐久性のあいだで…。YANKOのモカシン篇

婦人靴でよく裂けるところ。

その金額ではお断りします…。

UGGはよく裂けるのですか…?

できないと、やらないは… 腰革補修篇。

どげんかせんといかん…ライニング補修篇

ドライビングシューズは運転用です(仮)。

裂け•擦り切れ補修について

手入れ不足であったり、履き方が悪かったりして壊れている場合が多々あります。
裂けてしまう状態になりますと、なかなか元通りの見栄えに戻す事は難しいので
なるべく壊れない履き方をされて頂ければと思います。

ただ、どんなに大切に履かれていても靴は道具に近いアイテムですので
日々の使用により、おのずとダメージが蓄積されてきてしまいます。
そのような場合は、前もって裂けてしまう前に補強される等の処置を行う事がお勧めです。

また、なかにはもともと靴の構造上の問題で必然的に壊れてしまう靴もしばしば見受けられます。

婦人靴などでは、デザイン優先、華奢に…となりますので、やはり壊れ易いです。
ご購入の際には頭の片隅で「このベルトって細くてかわいいけど千切れない?」
など、履いた際の可愛さ以外に壊れ難さもイメージして頂いた方が、のちのち
後悔(余計な出費)されないかと思います。

BLOGにて、日々の修繕過程など色々とご紹介しております。